水泳後のケア

最近、多くの女性は「水泳後、ブームの塩素で、肌の乾燥がひどいです。」「保湿クリームを使用しても、やはり乾燥です」「泳ぐたびに、肌が荒らせます。」などのうわさを聞きました。しかし、水泳は我々の肌に対して、いいところと悪いとこるをはっきり知っていない方がたくさんいます。
水泳の運動効果

水泳と言えば、理想的な有酸素運動です。陸上の運動に比べ、筋や関節に過剰な負荷をかけないで、筋を鍛えることができ、心肺機能を高める効果も明らかです。私たちはよく使用しない筋肉を初め、全身運動となります。それで、ダイエットやシェイプアップの成果を求めることもできます。女性にとってはっきり効果がある安全なスポーツというわけです。皮膚が健康で、肌も綺麗になります。皮膚の健康は身体の健康が基礎になっています。だから、水泳が美肌の秘訣になってもおかしくはないはずですね。

水に触れること

体温より低い水が肌に絶えないで、触れるのは、肌にとって大きな刺激となります。プールの水温なら悪い刺激ではなく、理想的なマッサージ効果を生む刺激です。毛細血管が心地よく刺激され、血管の発達と強化を促し、肌の血液循環がよくなります。

呼吸

水泳はプール水面上のきれいな空気の中で、リズムを持って大きな呼吸を続けます。この呼吸法の繰り返しが心肺機能を高め、血液の循環を促進し、身体中の細胞の代謝活動を活発にしています。肌にも良い影響を与えるものです。

傷つきやすい、水にふやけた肌(角質層)

最も注意するのが肌との摩擦です。泳いでいるときの肌は、水との優しい摩擦があるだけですので、何も心配はないと考えている方もいます。しかし、プールサイドで、あなたの肌は何と触れるでしょ。水に長い時間で浸かった肌の角質は豆腐のように柔らかく、傷つきやすくなっていることを忘れないでください。もちろん剥がれやすい状態でもあります。

塩素の害

実は、塩素にはそんなに心配しなくてもいいです。もちろん、塩素は使い方によっては猛毒ですが、最近の室内プールの塩素管理はずいぶん厳しくて、良くなっているのではないでしょうか。しかし、多くの人が利用するプールではアンモニアなどが塩素と結びやすく、このような結合塩素が塩素よりもっと多いと強い刺激を与えるのです。それで、ブームに、多くの利用者が目を真っ赤にしているなどは、良い水質管理がされているとは言えません。ここでは普通に管理されているプールということにします。

注意点

①泳ぎ終わった直後、手で顔を擦っていない

②タオルの使い方に、優しさを忘れていない

③泳いだ後、洗顔料を使用しての洗顔はすべきではありません。そのまま化粧水から始めましょう。

④濡れた状態で肌が乾く空間(プール室内以外)に長居するのは肌の保湿能を低下させます。

コメントは受け付けていません。