保湿クリームの選び方を説明する!

保湿クリームとは

保湿クリームとは、もともと「水分蒸発を防ぐ」を中心とする保湿効果を持っているクリームです。保湿というと、スキンケアの中で基本的な役割を担っていますが、保湿クリームによる保湿は「水分を与える」や「水分を保持する」という化粧品の保湿作用と異なっています。保湿クリームは化粧水や乳液より、油分が多く含まれていますが、お肌の水分の蒸発を防ぐ効果があります。最近、単純な保湿効果の他には、様々な役割を持っている保湿クリームが人気になります。

保湿クリームの使い方

保湿クリームの使い方というと、水分を補給するものではないため、洗顔後、直接にお肌に塗布することはできませんが、洗顔をしてからまずは水分補給作用がある化粧水をつけます。次は美容液や乳液をつけて水分がしっかり浸透した後、保湿クリームを塗布します。もし、洗顔をした後にすぐに保湿クリームをつけると、保湿効果がないだけでなく、油でフタをしてしまうのでニキビや乾燥肌などのお肌のトラブルを引き起こすことができます。それで、保湿クリームの正しい使い方を身に付けることが大切です。

保湿クリームの選び方

保湿クリームの選び方について、自分の肌質によって適切な保湿クリームを選ぶことは重要です。特に乾燥肌や敏感肌の場合、水分補給ではなく、肌のバリア機能を構成するセラミドなどの保湿成分を補う必要があります。それで、高保湿・高浸透成分である「セラミド」を配合した保湿クリームを選んだほうがいいと言われています。

また、保湿クリームには主に「フェイスクリーム」と「ボディクリーム」という二種類がありますが、それは顔は身体に比べて吸収率が高いことで、具体の含有成分が違うからです。それで、ボディ用の保湿クリームは顔に使う場合、刺激が強すぎて炎症や老化などの肌トラブルを招きやすいですが、使いたい部位にふさわしい保湿クリームを選ぶことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です